管理人『消防士妻』のご挨拶

消防との結婚のすすめ

 

私は消防士と結婚して5年目になる専業主婦です。サイト内でのHN.は『消防士妻』です。

 

今は二歳になる息子と主人と三人で暮らしています。昨年、郊外にマイホームを購入しました。

 

元気いっぱい、やんちゃ盛りの息子を午前中に公園で遊ばせてから、午後は習い事のスイミングや体操に連れていく毎日です。

 

息子は顔は私似、動きは主人似で、いつもちょこまか動いています。

 

まだ二歳ですが、運動神経が良いようで、もう倒立や鉄棒の前周りやが上手です。

 

主人が休みの日はキャンプに出掛けます。

 

自分達で釣った魚をとってその場で焼いて食べます。自然の中での経験をいっぱいさせてあげたいという、主人の意向です。

 

来年から幼稚園なので、落ち着いたらもう一人作ろうかな、と思っています。

 

恋愛経験0、地味な生活を送っていた私

 

私は結婚前は小さな不動産会社に勤めていました。周りはおじさんばかりで、出会いもなく、家と会社を往復していました。

 

休みの日は好きなアイドルのDVDを見たり、たまに仲の良い女友達の家でお菓子を食べながらダラダラするのが最高に幸せでした。

 

合コンも行ってみたいけど、恥ずかしいし、何を話したらいいかわからないし…休みの日まで化粧するのなんて、めんどくさい!と思っていました。

 

漠然とですが、こんな私にいつか本当に結婚できる日がくるのかな…と不安に思っていました。

 

恋愛遍歴は特にお伝え出来るような面白いものはなく、学生時代は図書委員でした。

 

数人の女友達と好きな本の話をするのが好きでした。

 

唯一お付き合いした人は、1ヶ月でむなしく自然消滅…。

 

ひょろひょろしていて色白で、正直あまり好みじゃなかったな、と思ったのを覚えています。でも連絡が来ないのは、相手も努力しない私にきっと同じ事を思っていたんでしょうね。

 

消防士を目指していた夫

 

主人は大学を卒業後、東京消防庁に勤めています。今は7年目です。

 

小さい頃から、人を助ける消防という仕事に憧れて、絶対になりたい!と思っていたそうです。

 

今はとてもやりがいを感じているそうで、この仕事は自分の天職だ、なんて言ったりしています。

 

主人は学生時代はずっと野球をしていて、くやしいですが、彼女はほぼ途切れなかったそうです…。

 

私の前は年上の看護婦さんと付き合っていたとか。別れた理由は彼女が忙しくて、喧嘩が多くなったかららしいです。

 

以上が私たちの自己紹介です。

 

これから消防士と結婚したいと思っているあなたへ

 

これから、消防士と付き合いたい、結婚したいと思っている方々に、少しでも力になるアドバイスを書いていきたいです。

 

消防士との結婚はたぶん想像以上に幸せだと思います。家事、育児、休み、給与面…等々。

 

よく御近所さんからは主人と子供が遊んだりDIYしている姿を見て、イクメンパパでうらやましいです、なんて言っていただけます。

 

ぜひ、このサイトを読んでいるあなた、腰をあげて行動にうつして、消防士さんと熱い恋をしてみて下さい。楽しいですよ!

消防士との結婚のすすめ